立体駐車場とはどのようなものか

立体駐車場とは建築物や機械装置により、立体化した駐車場のことを指します。狭いスペースで多くの車を駐車できるため、広いスペースを用意できない場所に多いタイプの駐車場です。しかし、車高の高い車は入庫できないこともありますし、事故が発生することもあるので注意が必要です。一口に立体駐車場といっても、大きく分けて2つの種類があります。

使用する時にはそれぞれの特徴について確認しておきましょう。自走式駐車場は駐車スペースのある場所まで車を運転し、好きな場所に駐車するタイプです。こちらは数十台~百台単位の車を駐車できるようになっています。機械式駐車場は駐車装置を操作し、車を移動させて出し入れするタイプのことを言います。

車を載せて搬送するモーターや油圧機構などを使用し、車を駐車場所まで搬送することになります。こちらは2~3台から20~30台程度の車を駐車できるようになっています。機械式駐車場はさらに2つに分類することができます。二段・多段式駐車場は車を2段または3段以上に配置し、搬送しスペースを多層化している方式です。

タワー式駐車場は車をパレットに乗せるタイプであり、タワーの中でパレットが循環して車が移動します。こちらはホテルやショッピングモールなどの駐車場で採用されていることが多いです。それぞれ駐車できる車両の種類が決まっていますが、機械式駐車場は自走式駐車場と比べて細かい決まりがあります。注射の時にはみ出してしまったら大変ですし、車のサイズにも注意しましょう。

立体駐車場は正しく使えば安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です