色々ある立体駐車場の種類

立体駐車場は、平面駐車場では対応しきれない自動車を収容する目的で設置するものです。そしていくつかの種類に分かれていて、それぞれ異なる特徴があります。また場所によって向き不向きもあるため、最適なものを選ぶ必要があります。立体駐車場は、自走式と機械式の2通りに分かれます。

自走式はドライバーが自動車を運転して入庫と出庫を行うのが特徴です。そのため車を動かす設備は必要ありませんが、一般的なドライバーが問題なく運転できる環境を整えなければなりません。基本的にはなだらかなスロープを使用して階層を移動し、入庫と出庫がスムーズに行えるための広さも必要です。したがって十分な面積があることが条件となります。

それに対して機械式の立体駐車場では、最終的に車を高い位置まで持って行くのは機械です。エレベーターやロータリーなど色々な形がありますが、ドライバーが最後まで運転する必要がありません。そのため面積があまり確保できない場所でも設置できるのが強みです。駅前や都会など、地価が高い場所に設置されることが多いのも、この機械式の立体駐車場です。

機械式の立体駐車場は種類が豊富で、比較的シンプルなものであれば上下に2台重ねる程度です。その他にも収容するスペースを完全に覆ってしまうタワータイプや、縦横に車を移動させられるパズルタイプなどがあります。それぞれ収容できる台数や効率性、コストなどが異なるため、最適なものを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です