怖がらなくて済む立体駐車場での運転のコツ

立体駐車場はとても多く、特に都市部ではそれが当たり前です。狭いところが多いため、カーブの際に怖い思いをする人も少なくありません。また、駐車スペースを探すあまり周囲から飛び出す人や駐車スペースから発進しようとする車に気がつかなかったということもあります。そのため、立体駐車場に苦手意識を持つ人はとても多いです。

立体駐車場での運転のコツは最初から屋上に停めることを前提にして、できるだけ徐行しながら運転することです。停めることと車を動かすことがセットになっており、突発的なことに対応できずにパニックになりやすいからついつい怖がってしまいます。最初から屋上に停めることを決めておけば注意して運転することを考えるだけで済みます。立体駐車場の通路は広くないため、車庫入れに手間取ってしまうと通路がふさがって早く通過したいドライバーがイライラすることが多いです。

屋上なら台数も少なく、広々としています。車庫入れが苦手な人もここなら安心して駐車できます。狭くて暗くて運転するには怖い場所というイメージが初心者ドライバーを中心に多くありますが、注意深く運転を行って出入り口の近くで停めたいという願望がなければ何も怖がることはありません。あとはスピードを出さず、あわよくば停めやすいところで停めたいという感覚で走行すれば大丈夫です。

2階建ての立体駐車場でも出入り口から遠いところはあまり車が停まっていません。最初からそうしたところで停めることを考えておけば過度に怖がらずに済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です