初心者が自立立体駐車場で運転する際に見るべき部分

自立立体駐車場は駅前などに多く、自分で運転して駐車スペースを見つけるためとても便利です。一方で慣れていないと怖い部分もあり、初心者がいきなり利用するのは大変な要素があります。近年では都会のマンションの駐車場が自立立体駐車場になっているところがあり、普段からこうしたところで運転する人もいます。もし自立立体駐車場に普段から車を停める際には色々と見ておくべき部分があります。

まずは走行スペースの幅です。広くとってあるところはお互いにすれ違えるような幅になっており、普段の道路と同じように走っていれば問題ありません。しかし、狭いところはとても狭くすれ違う時には気をつけないといけないような場所もいくつもあります。もちろん向こう側から来られたらバックで退避スペースまで戻らないといけないようなところはありませんが、できるだけ余裕があった方がいいです。

幅が狭いことは駐車しにくいことを意味します。例えば満車に近い状態で空きがない場合は狭い幅のところで切り返しをしなくてはならず、特に初心者にとってはかなりのプレッシャーです。土地が狭いところでは傾斜の部分が少し急になっている部分があります。そのため、カーブのところで待たされる場合はうまく発信をしないと後ろに下がるようなことになりかねません。

もし自立立体駐車場で普段から駐車しなきゃいけない場合は余裕を持って運転できるところを探して、そこばかりを使用することがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です