立体駐車場に関わる法律

平面的な駐車場の場合にはそれほど法律によって規制されているものはありませんが、大きな建物を建てたりまた専用の機械を導入するような立体駐車場の場合には法律を考慮して設置を行わなければなりません。大規模なものだけでなく小規模なものでも法律が関わってくるものですから、専門家のアドバイスを受けてしっかりと検討する必要があります。比較的規模の大きな立体駐車場でうける性悪としては都市計画で、その地域ごとによって設置が不可能になる場合があります。第1種・第2種低層住居専用地域では単独の立体駐車場そのものが認められていません。

第1種・第2種中高層住居専用地域では設置が可能ですが、建ぺい率や容積率の制限を受けて建設する必要があります。立体駐車場を建てることができる地域で、その条件をクリアしても駐車場そのものに対する制限もあります。大まかに分ければ出入り口の設置や出口の視認性、車道の幅や高さ、それに建物内の換気や照明などがありそれらの法律に適したものでなければなりません。それと消防法にも関わり、消火設備の設置が義務づけられています。

立体駐車場そのものは機械式でなければそれほど複雑なものではありませんが、一定の条件を満たしている構造物を建てることが求められるため、国土交通省による大臣認定と呼ばれる制度が存在しています。大臣認定を受けることによって大幅な規制緩和を受けることができるため、従来の方法と比べて費用を安くし工期も短縮することができるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です