よくある立体駐車場のトラブル

立体駐車場はとても便利なものですが、トラブル時に車が出せず、困る事もあります。トラブルが起きた時はまずエラーが出ているか確認をしてみましょう。エラーの確認を行い、立体駐車場のメーカーに連絡をします。そこでメーカーにエラー番号を伝えて、自分で対応できるか確認を取りましょう。

よくあるトラブルが他の車の車高オーバーです。この場合は、メーカーに来て頂いても車高オーバーしている車の持ち主に連絡が取れないと対応が出来ません。車高オーバーしている車のナンバープレートを確認し、最寄の警察署に連絡をしてみましょう。ナンバープレートから持ち主が判れば、連絡をして頂く事が可能です。

もしくは立体駐車場を管理している管理会社の方に連絡を致しましょう。また他のトラブルで多いのが、自分のスペースに他人の車が入っている場合です。この時もメーカーでは対応ができないと言われてしまう事が多いです。先ほどと同じく、警察署もしくは管理会社に連絡をするのですが、全く契約にない車だと管理会社も対応が出来ない場合があります。

その際は迷惑車両のワイパーに紙を挟んで、管理会社に至急連絡して頂く様に記載しましょう。悪質ではなく、ただ間違って停められていた場合は、すぐに車の持ち主から管理会社に連絡が入るはずです。間違っても自分の車で出入り口を塞いだり、迷惑車両に傷をつける様な行為は控えましょう。逆にこちらが罪に問われる可能性が出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です