都市部に集中する自立立体駐車場

現代社会において、生活を営む際に車はとても必要な物です。しかし、増大する車の保有数に対して、合法的に駐車出来るスペースが限られており、都市部では深刻な問題となっています。近年都市部で見かける、立体駐車場は大きく分けて2種類あり、自立立体駐車場と機械式立体駐車場とに分類されます。自立立体駐車場とは、機械などを使わず駐車場内を車が走行し入庫や出庫行う駐車場事で、大きく分けて3種あります。

マンションや商業施設などに最適なフラット式駐車場は、フラットな駐車スペースと専用のスロープを組み合せたものです。特徴としては、駐車場内の見通しが良いため駐車しやすく安全に利用できます。場内は床が平坦なため、利用される方などに優しい設計となっています。スキップ式駐車場は段違いのフラットな駐車スペース同士をスロープで接続したタイプです。

傾斜や段差のある敷地に最適で、敷地の形状を無駄なく利用できます。スロープが短いので、初心者ドライバーにも運転し易くなっており、一定方向に巡回しながら昇降するので空きスペースを見つけ易くなっています。連続傾床式駐車場は、螺旋状のスロープに面して駐車スペースを配置したものです。専用のスロープが必要ないため面積効率が非常に良くなっており、他の形式に比べて収容効率が高いのが特徴です。

駐車場全体を緩やかな螺旋状にすることで、昇降用のみであったスロープに面して駐車スペースを設けています。地価が高く敷地が狭い都市部でも、このように自立立体駐車場にする事でより多くの車を駐車させるスペースが確保する事が出来ます。また、人や車の流れも計画しやすく、利便性や安全性に優れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です