駐車場には認定制度があります

駐車場には認定制度があり、この制度に準拠していないと営業ができないこともあるので注意が必要です。その方法は駐車場の規模や形状によって大きく異なり、その基準も大きく異なるので十分に確認して申請を行うことが大切です。しかし、一般的にこの制度はあまり認知されていない面もあり、初めて経営を行う人にとっては非常に難しいと考えてしまう人も多いものです。しかし、その制度の仕組みをしっかりと理解して事前に必要な準備を行い、営業を始めないと重大な法律違反となり様々な問題を引き起こすことにもなりかねないので注意が必要です。

駐車場の認定制度にはいくつかの段階があり、平面の場合や立体駐車場であっても二層程度の場合には防火対策がしっかり施されているかについて申請書類を提出するだけで認定されるようになっていますが、それ以上になる場合には許可が必要な場合があります。特に駐車場の規模が大きく多くの層から構成されている場合には万が一の場合の避難経路等の確保や、安全対策が施されていることを証明する図面等を提出し認定を受けることが必要になるため、その準備が非常に重要になります。特に避難経路は大規模になるほど重要なのでしっかりと確保することが必要です。認定が受け入れられない場合には営業をすることができないほか、建物自体の管理についても厳しい指導を受けることが少なくありません。

そのため、大規模なものを建設する際には事前に安全対策を十分に考慮し、設計することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です