駐車場の認定を受けることのメリット

駐車場の中には多くの台数を駐車出来るように多層構造の駐車スペースを持ったものが多く存在しています。これらはビルのような建造物としての様々な制約を受けることが多く、国としても安全を確保するために認定制度を導入しています。この認定を受けることで安全対策に関して一定の基準を満たしていると対外的にアピールすることができ、利用者が増えると言う効果があります。そのためこのような駐車場を経営する場合には、認定を受けることが非常に重要な要件となります。

駐車場の認定はその規模により様々ですが、基本的には構造物としての安全性が確保されているかどうかと言う点と、災害が起こった場合の安全確保について十分な対策がとられているかという点が重要視されます。構造物としての安全性については基本的に建築を行う業者がその情報を取り揃え申請を行うことが一般的ですが、安全確保については経営者がその必要な書面を取り揃え申請を行う必要があります。この書類については災害時の避難経路が確保されているか、また火災や地震などに際してどのような対策がとられているかという点が非常に重要な要素となります。安全対策の状況について認可を受けるためには、安全対策が施されていることを証明する図面を提出するのが最も良い方法です。

避難経路や災害対策のスプリンクラーなどの位置を示す書面を提出することで審査が行われ、問題がなければ認定を受けることができるようになります。そのため、安全確保については経営者がこれをよく理解してことが重要になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です