駐車場として認定されるには

駐車場として認定されるには一定の基準があります。先ずは収容可能な車の台数です。これには都道府県の自治体によって定められている基準があります。その第一の建物でない、俗に言われる青空駐車場についてですが、これも自治体によっては多少の相違があります。

一般的には駐車可能台数が10台以上、もしくは駐車場総面積が300平方メートル以上あることが必要な条件です。この時に認定を受けるには土地の登記簿謄本を示すことが要求されます。そして防犯上の面から地元警察の認可を必要とされます。もちろん監視カメラの設置が義務付けられます。

次に建物である駐車場、俗に言われる立体式、地下式、ガレージなどの場合ですが、このケースでは収容可能な車の台数については関係なく事業として認定されます。しかし建物ですので、建築基準法、消防法などの制約があります。最近では耐震基準を満たしているかの判断も必要な条件になっています。そしてこれ以外に自治体によっては立体式、地下式のケースでは安全管理員の配置が必要になることもあります。

このことは青空駐車場との違いのひとつです。このように認定については、青空の場合では車の収容台数、収容面積が基準となります。当然のことながら土地の舗装や強度の検査もあります。建物式の場合では消防法や建築基準、管理員の配置などの安全上での課題についての基準を通過することが認定を受けるためにも必要不可欠になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です