認定駐車場のメリット

認定駐車場とは主要構造部分の構造方法や防火設備が国の防災や構造といった安全性に関する厳しい基準をクリアし防災性の評価を得て、国土交通大臣から耐火建築物として認定をもらった駐車場の事を言います。では認定されるとどのようなメリットがあるのかというと、まず国から安全性についてお墨付きをもらった事になるので主要構造部の耐火被覆の必要がなくなり美観を損なう事がありません。また防火設備も通常より簡易のもので良いのでコスト的にも一般のものに比べて安い価格で作る事が可能ですし、延焼ラインも緩和されるので敷地を有効に使う事が出来、非常に開放的な空間となります。開放性があるので、固定されている消火器を外したり消防設備を減らす事も出来、工期もその分短くする事が出来るというのもメリットです。

他にも外壁には準不燃材を使用しており、通常だと防火区画とドアが必要となりますが、認定駐車場だと面積区画もないので防火シャッターのような設備もいらなくなり自動車をスムーズに停めやすくなります。あと消防設備の特例を受ける事が出来るというのも大きなメリットです。普通の駐車場の天井部分には固定式泡消火消化設備の配管が通っており、これを設置するには初期投資もかかりますし維持管理にも高額な費用がかかってしまいます。しかし認定駐車場はそれらに比べて非常に簡易な消火設備や消火器の設置だけで済むので、初期投資や維持管理費も安く済ます事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です