認定駐車場とは?そのメリットとは?

大型ショッピングセンターやさまざまな商業施設にとって、駐車場の充実は来客数を増加させたり確保するためには欠かせない重要な要素となります。特に広大な敷地を必要とする大型商業施設などは、郊外に立地する場合もあるために、車を利用して来場する人は少なくありません。その車を停められるスペースが整っていることは必要不可欠なのです。国土交通大臣認定駐車場とは、防火面、構造などの安全性に関して、国の厳しい基準値をクリアして建築物として国土交通大臣の認定を受けることができた駐車場になります。

これに関しては、主要構造部分の構造方法や特定防火設備の内容に関して、指定性能評価機関の防災性能評価を受けており、これに基づいて国土交通大臣による耐火建築物の認定を指しています。その特徴としては、防耐火における高い安全性が確保されているために、主要構造部の耐火被覆を必要としない点が挙げられます。防火性能と耐火性能が高い特徴である点がもたらすメリットとしては、耐火被覆が不要になる点、消火設備が簡易的な環境で済む点、建築確認申請が簡略的に済む点などが挙げられます。消火設備等が簡略化できるということは、建築を行う際にコストの削減に繋がるという大きなメリットもあるのです。

また、法律で定められている火災時に延焼の恐れがある離隔距離が大きく緩和されます。そのために、従来品よりも敷地面積一杯に駐車スペースを計画することができ、狭い敷地でも有効活用が可能になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です